ブログ/今日もストレスゼロ気分♪

見えないカゴをつくっていませんか?[ストレスゼロ、九州、メンタルヘルス対策]

2013/05/24

先日の美容室に行ってきました。
その時の担当美容師さんとの会話です。

(美=美容師さん)

 

私「長さはあまり変えたくないけど、イメージを変えたいんですよね。」

美「なるほど。分け目を変えてみるのもいいですよ。」

私「でも、私つむじが左にあるんですよ。だから左分けじゃないと・・」

美「???」

私「・・何か変なこと言いました?」

美「関係ないですよ。つむじの位置は。」

私「へ・・・?そうだったの・・・(@@;)」

 

というわけで、今、生まれて初めて右分けで過ごしています。

 

はい、何を隠そう私、物心ついたころから左分けの女でした。
小学校でツインテールに結っていた時も、きも~ち、左寄りに髪を分けていました。

前髪を斜めに流す時も左から右へ、アップにするときも基本、左分けをベースに・・
それくらい左分けでないといけないと思い込んで生きてきたのです

 

きっかけを辿ってみると、幼い頃に耳にした母の何気ない一言でした。

「智子ちゃんはつむじが左寄りだから、左分けにしないと何だかおかしなことになるのよね・・。」

恐らく、当時は分け目を変えると、つむじ付近にくせっ毛の影響が出て結いにくいという理由から
そういう言葉が出たのでしょう。小さいころは分け目を変えて、例えば真ん中分けでツインテールを結った時に、
つむじのあたりの髪がうねっているせいでぷかぷか浮いてしまっていたような気がします。

 

ところが、ストレートパーマでクセっ毛から解放されて久しい今でも、その母の言葉によって
「絶対左分けのルール (しかも左右比3:7)」を自分に強いていたのでした。

 

それ以来、右分けにして一週間が経とうとしています。
当然、何の問題も起こっていません。
寧ろ、7:3ばかりではなく8:2くらいに変えてみるのもこれまでと雰囲気が変わるので
密かに気に入っているくらいです。

 

 

これは些細な例ですが、実は、私達はこうした取るに足らない些細な事柄に至るまで、
ひょんな事から生まれた思い込みによる「自分ルール」をたくさん持っています。
それが自分の成功パターンとしてプラスに働くものならさておき、可能性を制限していることも多々あります。
「負の自分ルール」です。

A=Bだから、絶対に無理。

でも、世界中を見渡してみたら、A=Cという結果の人も、中にはいるのではないでしょうか・・・?

 

こんなことに想いをめぐらすだけでも、随分と自分の行動や、その先にある未来に制限をかけている「負の自分ルール」を打破できます。 この言葉が心の中に浮かんだら、本当にそうなのか、一度立ち止まってじっくり考えてみてください。

 

そこにカゴはなくて本当はいつでも自由に飛べるのかもしれませんよo(^^)o

 

 

さて、6月16日(日)13時~17時に宮崎市にあるインタークロスを会場に、
ストレスゼロ・テクニック本講座を実施します。
私はストレスゼロと関わるようになって数年ですが、ストレスゼロの素晴らしいところは、
ストレスを手放せるようになって、終わり。 というのではなく、
ストレスを手放せるようになることがスタートラインで、
そこから実践を続けることで副次的に様々なものを得られるところにあるのではないかと考えています。

 

より良い人間関係、目標達成のための効果的な行動選択、自信、ポジティブな信念の強化・・
ストレスゼロを味方につけて、ネガティブな感情の犠牲になって日常をコントロールされるのではなく、
感情を上手にコントロールしながら理想的な日常を作っていくことを目指しませんか?

 

あなたのご参加を、心からお待ちしています!
参加をご希望の方は右の「一般向けセミナーお申込み」から、ご質問の方は「お問合せ」からお気軽にどうぞ!

 

(榎木田智子)

 

Share on Facebook