ブログ/今日もストレスゼロ気分♪

メンタルケアだけじゃない、ストレスゼロの秘密 [ストレスゼロ、九州、メンタルヘルス対策]

2013/01/08

「ストレス」とは何でしょうか?

私達は、「ストレス」というと「あの人がストレス」、「この状況がストレス」という風に、
「ストレス」という言葉と他人や状況など、自分のコントロールの外にあるものとを結び付け、
その解決についても「あの人が変わってくれたら、」「この状況が何とかなってくれたら・・」と責任を自分の外に求めがちです。

 

ただ、同じ人を相手にしていても、同じ状況にいても、他の人が自分と全く同じように、同じくらいのストレスを抱えているとは限りません。
私達のいう「ストレス」とは、実は「あの人」や「この状況」などから自分が感じている不快な感情のことです。

 

それでは、例えば夢や目標があるとして、そうした不快な感情(イライラや不安)を過度に感じながら行動を起こすのと、
不快な感情のない状態で行動を起こすのと、どちらが効果的でしょうか?プラスとなる行動はどちらでしょうか?
おそらく、自ずと後者という答えが出てくるはずです。
(勘違いしてほしくないのですが、適度な緊張感や適度なプレッシャー、責任感については、この不快な感情に含めません。)
これは個人においても、組織においても言えることです。

 

余談ですが、近年、企業ではストレスに起因するメンタル疾患による休職者を抱える損失が大きいため、
(マンパワーとしてもコストとしても)ストレスゼロ・テクニック研修のようなメンタルヘルス対策費は
そうした損失を未然に防ぐための「投資」という考え方が一般的となりつつあります。

「私達の行動を決定づけるのは感情である―」
とてもシンプルなことですが、案外見過ごしがちで、とても重要なポイントです。

 

「ストレスゼロ」とは、「常にストレスを全く感じない状態」ではなく、(それは人間として生きている以上不可能です。)ふと何らかのきっかけで湧き上がってきたストレス(=不快な感情)にいつまでも自分の足を引っ張らせるのではなく、素早く手放すことで「ストレスによるマイナスの負荷をゼロに戻した状態」です。

 

そのために、ストレスゼロ®・テクニックは、「身体」「ビジュアル」「言葉」という人間科学的な3つの要素を使います。
日常的に実践することにより感情の変化が促されるもので、ポジティブ思考、ネガティブ思考、そうしたことは問題ではありません。

 

そして、それは不快な感情から自分自身を解放するスキルであることは勿論、実は、未来をつくる現在の行動を変えることも可能にするスキルなのです。

一度身につければ一生もののスキルです。
是非、あなたがより輝いて生きるためのツールとしてお役立てくださいo(^-^)o

 

尚、今年も一般向けのセミナーや企業研修等を予定しておりますが、個人のグループでも、
5名様以上であればプライベートセミナーを承りますので、宮崎県内、県外を問わずお気軽にご相談下さいませ。
気の合う仲間と、新たな自分に生まれ変わる一歩を踏み出してみませんか?

 

ストレスゼロ®があなたにとって実り多き未来を手にするきっかけとなりますように、2013年も心を込めてお伝えして参ります!
まずは、1月20日。
受講者の皆さん、お楽しみに!!

(榎木田智子)

Share on Facebook