ブログ/今日もストレスゼロ気分♪

「サイコー!」と言える強さ [ストレスゼロ、九州、メンタルヘルス対策]

2012/09/25

前回の記事で「言葉の力」についてちょっと触れましたが、意識を向けていることについての情報というのは次から次へと集まってくるもので、またまた「言葉の力」を垣間見る瞬間がありました。



それは、脳卒中に倒れながらも、自身の脳について神経解剖学者として向き合い、右脳が持つ可能性についてメッセージを発信しているジル・ボルティ・テイラーという女性のプレゼンテーションの中での1シーンでした。


ジルは、自分が脳卒中であることに気づいた時、「サイコー!!」と思ったそうです。「自分の専門分野について、内側から観察できる学者は他にいない!」と―。


 


(そこから展開されるプレゼンテーションは、まるで言葉で地図を描くかのように詳細で分かり易く、本当に感動的でした!興味のある方はTEDのサイトにアップされていますので是非検索してみてください。「stroke of insight」というタイトルです。)


 

一つの出来事にどんな言葉を与えるのかは、その人の自由ですが、例えばジルのように最悪と思える状況に最高という言葉を与えた人間がどれだけ力強いことか・・。
ジルの力強い言葉、話し終わった後の涙を見ているとそれを感じずにはいられませんでした。




生きていると本当に色んなことがあって、どうして私がこんなことを経験しないといけないのかと感じることがあって、勿論、経験しなくて済むなら経験したくなかったということに出くわすこともありますよね。
私にもあります。
それらにいきなり肯定的な言葉を与えようとしても、本当に難しいものです。

 

 

ジルは、たまたま自分の仕事にリンクする出来事だからそのような言葉を選べた、と思う方もいらっしゃるかもしれません。勿論それもあると思います。


ただ、こういう言葉の選択肢があるということについて、普段からほんのちょっとでも目を向けておくこと。
そして、例えば、深い悲しみや、辛い気持ち、そうしたマイナスの感情を手放すことで、自分にとって新たな言葉の選択ができたら、次のステップに意外と早く進むことができるのではないでしょうか・・。


 


ストレスゼロ・テクニックの中には、言葉や口調にまつわるものもありますが、
次の一歩を踏み出そうとする方にとって心強い味方となってくれると良いなぁ、とつくづく感じました。


 

 


【お知らせ】


「メンタル力で未来に差がつく! ストレスゼロ®・テクニックセミナー
第二回本講座 in 宮崎 開催決定!」


エジソンや松下幸之助に共通した成功の秘密は・・・?

そこには、一見するとストレスとなりそうな出来事をストレスとしないメンタルの強さがありました。そのメンタルの強さとは、実は、人間科学に基づいた具体的な身体の使い方によって、誰でも簡単に手に入れることができます!
それを可能にするのが、25か国8000人をストレスから解放したストレスゼロ®・テクニックです!一度身につければ一生モノのスキル。
是非、あなたも味方につけて、力強く前進しませんか?

◆日時:10月13日(土) 午前9時~13時
◆場所:JA AZMホール 本館1階 中会議室(宮崎市霧島1-1-1)

◆参加料:15,000円
◆お申込み・お問い合わせはこちらから!



(榎木田智子)

Share on Facebook