ブログ/今日もストレスゼロ気分♪

明日もご機嫌日和<2>「姿勢や目線①」 平成25年10月9日付 宮崎日日新聞掲載

2014/09/08

落ち込んでいる人を想像してみてください。

どんな目線で、どんな姿勢をしていますか?

 

目線は下、やや前かがみでうなだれるような姿勢を想像される方が多いのではないでしょうか。

逆に、目線を思いっきり上げ、肩で風を切りながら落ち込んでいる人を想像した方はほとんどいないはず。

 

 

実は、私たちの姿勢や目線といった身体の使い方と感情とは、脳と身体の構造上、密接な関わりがあるのです。
私たちは、ストレスを感じると「あの人さえ変わってくれれば…」と、

他人に解決を求めがちですが、残念ながら他人はそう簡単に変わりません。

まずは、他人が変わろうが変わるまいが「自分が」元気でいられるように、

つらい気持ちやイライラなどを速やかに手放すことが先決です。

 

そのために、まずは目線を上げましょう。肩を開くのもお勧めです。

1分も続けると、随分と嫌な感情が薄れているのに気づくはず。

 

だまされたと思って新たな習慣が身に付くまでの3週間は意識的に行ってみてください。

きっと今以上にあなたの笑顔が輝きますよ。

 

 

Share on Facebook