ブログ/今日もストレスゼロ気分♪

明日もご機嫌日和<49>ストレスの意図は?      2014年9月10日付 宮崎日日新聞掲載

2015/08/12

最近泣きましたか?

 

実はトレーナーの私でも、目線を上げれば泣きたい感情を短時間で変えられると分かっているのに、

そうしたくない時があります。

 

そんな時は心の奥深くにある、

悲しみや苦しみを手放したくない本当の意図(メッセージ)に目を向けてみませんか。

 

 

例えば、恋人を亡くした悲しみから長期間立ち直れない場合。

 

その悲しみを手放すと、恋人の存在自体を忘れるようで嫌なのかも…。

つまり、悲しみを感じ続けるという一見ネガティブな行動の裏に、

「心の中の恋人の存在を守る」というポジティブな意図が隠されているのです。

 

それが分かれば、今度は別のポジティブな「行動」でその意図を実現するよう、

行動を変えることができます。

この例であれば、朝目覚めて一番に恋人の写真に手を合わせ語りかける、などが考えられます。

 

このように、ストレスの感情にはポジティブな意図が隠れていることもあるのです。

目線を上げたくないと思った時には、その苦しい気持ちを手放した時失うものが何なのか、

ストレスの持つ本当の意図を自分に問いかけてみてくださいね。

 

(宮崎市・ストレスゼロ・トレーナー 榎木田智子)

 

Share on Facebook