ブログ/今日もストレスゼロ気分♪

良いストレスと、悪いストレス?

2017/08/17

「私はストレスがあるから強くなれる。どんどんかかってきなさい!という感じ」
ハリウッドスターのアンジェリーナ・ジョリーはあるインタビューでそのように話したと言います。
とても頼もしく、彼女らしい発言ですね。

 

ところで、ストレスには、良い影響を与えるストレスと、悪い影響を与えるストレスがあるのをご存知ですか?
アンジェリーナの発言に見られるようなストレスは前者といえます。
例えば、新たな事にチャレンジするときの適度なプレッシャーや、期待と表裏一体にある不安など、
それがモチベーションになったり、乗り越えた時の達成感に繋がるようなストレスのことを指します。

悪いストレスは、その反対。
あることを考え始めると身がすくんで動けなくなるような、
あるいは人によっては心臓がバクバクしたり、胃が痛くなるような
過度のプレッシャーや不安、落ち込みなどのストレスを指します。

良いストレスは自分を成長させてくれるものとして活かしていけば良いと思いますが、
悪いストレスについては、生人間関係や仕事のパフォーマンス、体調など、
生活全般の足かせとなるものでもありますので、速やかに手放せるに越したことはありません。

 

 

ストレスゼロ・テクニックは、こうした悪いストレスを脳と身体の仕組みを使った簡単なテクニック
速やかに手放すためのプログラムですでに世界中30,000人以上の人が効果を実感してきました。

このテクニックを身に着ける事で、
①たとえ「あの人」が変わらなくても元気に過ごせるようになります。
②取り巻く状況がすぐには良くならなくても、それを乗り越えるための建設的なアイデアに目を向けながら過ごせるようになります。
つまり、尊い自分の時間やエネルギーを、自分を苦しめる他者のために費やす必要はなくなるのです。

脳と身体の仕組みを使った誰にでもできるシンプルなテクニックで、
ラス思考やマイナス思考は関係ありません。
ものごとの捉え方や見方を変える、といった精神論でもありません。
一度身に着けると、効果は一生続きます。

ストレスは特別な人の問題ではありません。
計り知れない不安や深い悲しみ、落ち込み、理不尽なことへの怒りなど、
生きていれば、誰でも日常的に経験するものです。

 

悪いストレスがあるたびに、大きく揺さぶられ、苦しみながら生きていくのか、
それとも、悪いストレスがあったとしても、ダメージを最小限に抑えて
自分の最も良い状態を素早く取り戻して生きていくのか。
ストレスゼロ・テクニックを学ぶか否かは、まさに、この2択に置き換えることができます。

 

ストレスに悩む方は勿論、そうでない方にもオススメします・・!
9月5日のストレスゼロ・テクニックセミナーの情報は、こちら!

 

 

 

Share on Facebook